製薬会社コラム

薬の大幅値上げに患者が反発!製薬会社がジェネリック薬を自ら製造して対応!

薬・医薬品コラム

エピペンの大幅値上げに反発

アメリカで、薬価についての大問題が起っています。
急性アレルギーの応急治療薬で「EpiPen」という薬があります。
この薬が2007年と現在の薬価を比べた時に5倍以上に上昇していると言うのです。

アメリカは2003年改正の法改正で、製薬会社が薬の価格を自由に変えられるようになり、「EpiPen」を製造販売するマイラン社は、競合する薬が無いのを良いことに、どんどん薬価を上げていったものと思われます。
しかしこれに対し患者だけでなく社会的にも問題視され、株価も下がる事態に、この対応として
マイラン社は、自らジェネリック薬を製造して販売すると発表したそうです。
元々の「EpiPen」を値下げしないでジェネリック薬をわざわざ作るのはなぜなのでしょうか?
やはり日本でも問題となっているように、金儲けのからくりがあるように思います。
今後の展開に注目です。

※資料
応急治療薬が5倍以上 米国で薬の大幅値上げに反発広がる[日刊ゲンダイDIGITAL]
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/190293

-製薬会社コラム
-,