薬・医薬品コラム

MRとMSの違いとは?

薬・医薬品コラム

MRとMSの違い

医療関連用語に「MR」と「MS」があります。その違いを解説します。
製薬会社は医薬品を製造し、医療機関に販売します。この時、多くの製造会社と同じく、卸と言う商社を通して、医薬品を医療機関に販売します。医薬品は法律上、広告宣伝が禁じられていますから、医療機関にその生産している医薬品の情報を直接伝えなければなりません。
この役割を担うのが「MR(medical representative=メディカル・レプレゼンタティブ)」、医薬情報担当者と呼ばれている人達です。
MRの主たる役割は、医薬品の情報伝達と、自社の医薬品の副作用報告の収集です。
医薬品は多くの種類が販売されており、その情報や効能効果の違いについては膨大な情報が存在します。
一般的には医師は多忙な為、医薬品の情報を集めるまでは手が回りません。
ですから医師は訪問してくるMRに具体的な質問を投げかけ、回答をもらうのが有効な手段となります。又、MRにとっても新薬が出た時には積極的に医師に説明して回り、その効果の違いについて、自社の情報を提供します。あくまでも「自社の情報の提供」となります。しかしながら、医薬品の新規採用、価格などについての交渉はしません。その医療機関がその医薬品を採用するかどうかは、卸の「MS」です。
「MS(marketing specialist=マーケティング・スペシャリスト)」とは、医薬品の販売を主な仕事とする営業担当者のことを言います。
医薬品卸販売担当者の担当です。卸は商社ですから、幅広い製品を扱い、その採用、価格交渉を行います。
医療機関は数多くの医薬品を購入するわけですが、その効能効果が同じものが多数存在します。ジェネリックもその選択肢の一つです。これらのラインナップから適切なものを医療機関に提案し、且つ医療機関からの要望を収集し、製造会社に伝達します。彼らの担当相手は医師ももちろんですが、医薬品の採用に関わる部門の人達がターゲットです。医薬品の栄枯盛衰は激しく、日々、入れ替わります。又、薬価も数年おきに切り下げられます。このような状況の変化に対応し、適切な医薬品を医療機関に供給する事がMSの大きな役割です。MRとMSは医師からの情報の収集、提供など仕事に似た部分がありますが、所属の違い、扱う医薬品の多さ、価格交渉権の有無など明確に異なる部分が存在します。
簡単にまとめると、MRは製薬会社の営業で、MSは商社の営業です。

-薬・医薬品コラム
-, , ,